Interview

海外営業部

山田 里沙子

国際教養学科卒業

入社6年目

私の一日

8:00 メールチェック
8:30 顧客と電話会議
10:00 顧客メール社内展開
12:00 昼休憩
13:00 工場にて工場担当者と打合せ
15:00 社内展開情報集約、顧客返答
17:00 退社

休日の過ごし方

休日は買い物に出かけたり、中国語教室に通ったりしています。写真は大学の友人と伊豆へ旅行した時のものです。

あなたのお仕事について教えてください。

中国工場で世界を相手に仕事しています

中国工場にてお客様から注文を受けた製品が、試作段階から完成するまでのスケジュール管理やサポートをしています。ドイツやアメリカをはじめとする海外のお客様を担当しているので、英語を使って要望を工場に伝えたり、お客様が訪問されたときには打ち合わせや工場見学の対応をしたりしています。製品ができるまで予想外の問題などに直面することもありますが、お客様や工場、先輩、上司と相談しながら問題を解決し製品を完成させるまでサポートする仕事です。外国の方とやり取りするのは考え方の違いなどから苦労することもありますが、自分の考え方や視野を広げてくれるのでとても刺激を受けますし、異なる言語の方に自分の考えや想いを理解してもらえたときや、最終的に製品が完成したときにはとてもやりがいを感じることができます。また外国での生活を通して、仕事以外の言葉や異文化理解の面でも自分の成長に繋がっていると感じます。

入社の決め手となったのは何ですか。

仕事とプライベートが両立できて、海外出張も有り!

学生の頃から海外や外国語に興味があり、外国の方と関わるお仕事をしたいと思っていました。英語を使うお仕事がたくさんある中でトヨテックを選んだ一番の決め手は航空関係や旅行業などと違い、外国と関わるお仕事をしながらもお休みが不定期ではないので休日も友人と時間を合わせやすく仕事も遊びも両立できるところです。またもう一つの決め手として欧米やヨーロッパへの海外出張のチャンスがあったこともトヨテックで働きたいと思ったきっかけです。

トヨテックの魅力について教えてください。

相談しやすい上司と先輩たち。働きやすい環境ですね

・自分の語学力を向上させることができます
毎日必ず英語を使って、メールや電話、ときには直接会って色々な国の人たちとコミュニケーションを取ることで自分が学生のときに勉強してきたこととは異なる表現、単語を知る機会が増え、入社前に比べて語学力を向上させることができた実感があります。

・常に相談しやすい上司、先輩がいる職場環境があります。
仕事をしている中で自分では判断に困ることやどう対応したらいいかわからないことがありますが、些細な相談でも親身になって乗ってくれて具体的にアドバイスや解決策をくれるので一人で問題を抱え悩んだことがありません。常に上司、先輩のサポートがあるので働きやすい環境だと感じています。

今後の目標を教えてください。

1年間OJTとして日本の顧客訪問、来社や展示会の訪問、出展を経験し、営業として基本的に必要なことを学んで来ました。現在は中国工場内にてさらなる専門的知識の習得及び海外顧客に対する対応について学ぶことを目標とし、製品が試作から完成品となるところまでを中心に対応していますが、今後は少しずつ取引先へ訪問し、新しい仕事をいただけるようなお仕事にも挑戦していきたいと考えています。またお客様に頼りにしていただけるような営業担当になれる様、より一層よい信頼関係を作っていくことも目標です。また、現在中国語教室へ週末通っているので、中国語が日常会話レベルまでできるようになるのが目標です。

学生へのメッセージ

入社前は製造業だし、レンズについての知識もゼロで技術的な話ばかりで難しそう、自分には無理かなと思っていましたが最初の新人研修や先輩とのOJTを通して自然に少しずつ覚えていきますし、上司や先輩が親切に教えてくれます。様々な課題と向き合いながらお客さんや工場の人達と最終的に製品が市場に流れるまで完成させることができたときはやりがいを感じます。人と接することが好き、外国の文化や言葉に興味がある人であれば向いているお仕事だと思います。